ホイールをチェンジして快適に走ろう【スイスイドライビング】

スーツの男性

費用対効果に優れる

自動車

車好きな方なら誰しも利用するカーコーティングは、車の輝きを高めてくれる素材です。昔はワックスが主流でしたが、ワックスよりも高い効果を持ち合わせています。例えば、ワックスの持続期間は3ヶ月程度なのに対し、カーコーティングは3~5年となっています。また、カーコーティングはワックスよりも汚れに強いので、多少の雨が降ってもピカピカのボディーを保つことが出来ます。しかし、その分施工費用と施工時間は必要となってしまうので、その点だけは気を付けるようにしましょう。ですが、費用対効果で観れば圧倒的にカーコーティングの方がお得なので、車の事を大切に想う方はカーコーティングを利用してみましょう。

カーコーティングは業者に依頼することでコーティングしてもらえますが、二種類のコーティング剤があることを頭に入れておきましょう。そのコーティングがガラス系コーティングとポリマー系コーティングです。ガラス系コーティングは耐候性や耐熱性に優れており、長期間に渡り車を守ってくれます。しかし、欠点として水シミができやすく、高額となっています。一方、ポリマー系コーティングは、低料金で施工時間が短くなっていて、ツヤと光沢を求める方に最適なコーティング剤となります。ですが、紫外線により参加してしまい落ちやすくなっています。このように、それぞれメリット、デメリットが存在するので、カーコーティングをするときにはどのコーティング剤を使うのか決めておきましょう。